1. サプリメントの早漏への効果を知りたい
  2. 早漏改善が期待できる習慣を身に付ける
閉じる

早漏の要因の一つ、仮性包茎を治す

早漏になる要因には色々なものがありますが、日本人が早漏になる要因としてかなり大きな割合を占めるのが仮性包茎です。
包茎というのは男性器の亀頭部分が包皮に覆われている状態であることを指します。
包茎にはいくつかの種類がありますが、最も大きい割合を占めているのが仮性包茎です。

日本人は欧米の男性に比べると仮性包茎の人の割合が多いと言われています。
仮性包茎の割合が多い要因としては男性器のサイズ自体が欧米人に比べると小さいことが挙げられます。
男性器のサイズが小さいため皮が剥ける前に成長が止まるのです。

仮性包茎は通常の状態では亀頭が露出しませんが、勃起した状態では簡単に亀頭を露出させることが出来ます。
症状が軽い場合は勃起すれば自然に亀頭が露出します。

どうして仮性包茎だと早漏になりやすいのかというと、仮性包茎だと普段は亀頭が露出していません。
そのため外部からの刺激は男性器の皮がカバーしていることになります。

普段は皮が刺激をカバーしているため、直接的な刺激に亀頭が慣れていません。
ところが仮性包茎の人は勃起すれば亀頭が露出します。
女性とセックスをし、挿入するには男性器が勃起している必要があります。

ただでさえ刺激が強い女性器の中に刺激に慣れていない亀頭部分は長時間耐えることができません。
そのため挿入して腰を動かすとあっという間に射精感が高まって射精します。
これが仮性包茎によって早漏になるメカニズムです。

仮性包茎には早漏以外にも一つ大きな問題点があります。
亀頭が皮に覆われている状態が長時間続くため、亀頭と皮の間にアカが溜まりやすくなります。

アカが溜まると男性器から嫌な臭いがします。それだけではなく、アカには無数の細菌が潜んでいるため、場合によっては性病を引き起こす恐れがあります。
仮性包茎の人は毎日の入浴時にしっかりと自分で皮を剥いてアカを綺麗に洗い落とす必要があります。
仮性包茎は自然に治るものではありません。回復させるためには手術が必要です。

仮性包茎の手術って何をするの?

とはいえ、仮性包茎自体は常に清潔にしていればそれほど大きなトラブルを引き起こすものではありません。
勃起しても全く皮が剥けない真性包茎であれば手術が推奨されますが、仮性包茎の場合は手術をしなければいけないというものではないので、気にならなければそのままにしておいても大丈夫です。

しかし、人によっては仮性包茎であることを馬鹿にするような人も居ますし、実際に嫌な思いをした人も少なからず存在します。
コンプレックスに仮性包茎がなっているのであれば手術することによってコンプレックスから抜け出すことが出来ます。

仮性包茎の手術には2種類あります。
一つは余っている皮の部分を切除する方法で、もう一つは皮の部分を切除せずに仮性包茎を治す方法です。

切らない手術は具体的に何をするのかというと、ペニスを大きくさせるような成分を男性器部分に注入することによって男性自体を大きくし、亀頭を露出させるのが目的です。
注入する成分としてはヒアルロン酸など、人体に無害な成分なので安全です。
そのほかにはまぶたの整形のように糸によって皮の部分を引っ張って剥けた状態にする方法もあります。
しかし、切らない手術は火牡蠣的軽度の仮性包茎にしか施術できないので、中度や重度の仮性包茎を治す場合は皮を切除する手術を用います。

昔からおこなわれていた手術法が、余っている皮の部分を環状に切り取る方法です。
この方法は技術が低くても出来る為、手術料が安いのが大きなメリットですが、手術した後で大きな傷が残るので見た目に関してはあまり良いものではありません。

もし傷跡などが気になるのであれば亀頭環状溝直下の皮膚を切除する亀頭直下埋没法という手術法を選択しましょう。
多くの美容外科ではこの方法で仮性包茎の手術をおこなっています。

手術を受ける際に痛みを感じるかどうかは気になるところですが、皮を切除する手術は手術中に痛みを感じる場合もあります。
病院によっては無痛手術を実践しているところもありますが、費用が高額になります。

関連記事

おすすめ記事

  1. サプリメントの早漏への効果を知りたい
  2. 早漏改善が期待できる習慣を身に付ける

おすすめ記事

  1. 早漏でも楽しめる風俗のジャンルは?
  2. 早漏の人が避けるべき、セックスの時の体位
  3. サプリメントの早漏への効果を知りたい
ページ上部へ戻る