1. 早漏改善が期待できる習慣を身に付ける
  2. サプリメントの早漏への効果を知りたい
閉じる

早漏改善が期待できる習慣を身に付ける

早漏になる原因は肉体の衰えから来る精力低下が関係する場合もありますが、生活習慣を改善したり短時間オナニーをやめるようにトレーニングをするなど、自分次第で克服できる要因を多く持っています。
男性にとって早漏であることをパートナーに指摘されるほど辛いものはありません。
そしてそのような性行為での苦い経験も、再びストレスとして早漏の原因になってしまいます。
どうすれば自分だけの力で、早漏を改善することができるのでしょうか。

早漏となる原因の殆どは、性行為の時に交感神経が活発化しているために射精を誘発するノルアドレナリンが多く分泌されてしまうためか、日頃から早く射精する癖がついてしまっていることが原因として考えられます。
射精とは性的興奮を脳が感じ取り、その興奮が絶頂域に達するとその情報から脳内よりノルアドレナリンという分泌液が放出され、それによって交感神経が盛んに働くことで射精を誘発します。
早漏の人の場合、このノルアドレナリンが早く出過ぎてしまうので、ここをトレーニングによって改善する必要があります。
このノルアドレナリンは緊張状態やストレスにも反応するという医学的根拠があるので、その供給を制御するには性行為そのものの経験を積み、性行為をしていても脳内はリラックスしていることが重要となります。

また自分で行うオナニーは自分にとって一番の性感帯を知っていて、しかも若年者ならば家族と同居している人が多いので、その家族に自分がオナニーをしていることを悟られないためにどうしても短時間オナニーとなってしまいます。
オナニーと実際のセックスとは違うと思っている人もいるでしょう。
しかし、オナニーで常に短時間で射精する癖の付いている場合に女性と実際に性行為をしたとしても、やはり早く射精する習慣がついてしまっているので早漏になってしまいます。
女性が早漏の男性を嫌うのは、せっかく性行為を了承して女性の方も気持ちが昂っているのに、男性だけが満足して女性は全く満足できていないからです。
女性は男性に比べて性的な興奮が絶頂に達するまで時間がかかるので、女性と性行為をしたいのであるなら、女性の方も満足できるセックスをするのは男性の責任となります。

ストレスをなくす方法で治す

早漏の原因としてある心因性の早漏は、その原因の多くがいろんなストレスから起きています。
この心因性の早漏となると、性的な興奮が陰茎への刺激がなくても射精を行ってしまいます。
心因性となる多くの男性は経験不足が一番の問題点であり、経験が少ないために女性の体を見ただけで脳の興奮が絶頂となってしまうのです。

また過去に行った性行為で嫌な経験をすると、それがトラウマというストレスになって交感神経を活性化してしまうため、それによっても早漏になります。
このような男性はセロトニンが不足しているとする医学的根拠が出ています。
このセロトニンが脳の興奮を抑えてくれる内分泌液なのですが、それが不足しているために脳の興奮が直ぐに極限に達してしまうため、どうしても射精が早くなってしまうのです。

また、生活習慣の悪化で体内の調節バランスが崩れたために引き起こされる固摂作用も早漏に関係してきます。
この固摂作用とは体質として出血しやすくなるというものなのですが、それは血液だけではなく精液も同じように排出されやすくなってきます。
精力低下で満足に勃起していない状態となっても射精が行える男性の場合、この固摂作用による可能性が高くなっています。
このような場合の早漏はストレスというよりも肉体的な問題から起きているので、体質改善を図れば解決に繋がっていくでしょう。

肉体的な問題ではない早漏は、いろんな種類のストレスが作用しているために引き起こされています。
それは緊張であったりトラウマであったりします。しかしストレスというのは気の持ちようで、いくらでも改善が見込めると言ってもいいでしょう。
男性としても、そんなに早く射精して終わってしまうような性行為を望んだりはしません。
そのストレスを改善する方法が全く無いのではなく有るのですから、まずは何でも挑戦してみてもいいのではないでしょうか。

関連記事

おすすめ記事

  1. サプリメントの早漏への効果を知りたい
  2. 早漏改善が期待できる習慣を身に付ける

おすすめ記事

  1. 早漏でも楽しめる風俗のジャンルは?
  2. 早漏の人が避けるべき、セックスの時の体位
  3. サプリメントの早漏への効果を知りたい
ページ上部へ戻る