1. 早漏改善が期待できる習慣を身に付ける
  2. サプリメントの早漏への効果を知りたい
閉じる

薬以外で早漏を防止することはできない?

早漏を防止するには内服薬が効果的と言われていますが、薬には副作用があるので心配だという方がいるかもしれません。
薬以外に早漏を改善する方法はないのでしょうか。
昔からある早漏改善の方法として、スタート&ストップ法などのトレーニングや、早漏防止スプレーを用いる方法などが知られています。
まず後者の方法について考えてみましょう。

早漏防止スプレーは性行為の15~30分ほど前に、ペニスに直接噴射して使います。噴射量は程度に応じて加減してください。
しばらく時間を置いて、効き目が現れてからシャワーで洗い流します。
すると性器の感覚が鈍くなるため、射精をコントロールしやすくなる効果が期待できます。

早漏防止スプレーの主成分は、かゆみ止めなどにも使われているリドカインで、局所麻酔作用があります。
これがペニスの表面の過敏な神経を麻痺させ、不用意な射精を止めることが可能です。
リドカインを含んでいれば同じ効果が期待できるため、かゆみ止めや痛み止めの軟膏をペニスに塗布するという方法も考えられます。
ただしこれらの軟膏は早漏防止用に開発されたものではないため、予想したほどの効果がなかったり、思わぬ副作用が出たりする可能性があります。

スプレーにしろ軟膏にしろ、使った後は性行為の前にきちんと洗い流すことが大切です。
そうしないと有効成分が女性器にも付着してしまい、女性の感度を鈍くする恐れがあります。
せっかく射精までの時間が延びても、女性が絶頂に達しなければ元も子もありません。

男性器の感度を抑えるために、極厚コンドームを使うのもひとつの方法です。
普通のコンドームは薄ければ薄いほど高品質とされていますが、早漏防止用にわざわざ分厚く作られた商品も製造されています。
またコンドームの内側に、あらかじめリドカインが塗布された製品もあります。
こうした商品だとパートナーの女性に気づかれることなく早漏を防止できるというメリットがあります。

トレーニングで治せるのか!?

かゆみ止めや痛み止めの軟膏にも使用され、局所麻酔作用のあるリドカインが含まれている早漏防止スプレーなどに頼ることも悪くはありません。
自分で行うトレーニングで早漏を改善することが出来れば一番理想的だと考える男性も少なくないでしょう。
そんな早漏防止のためのトレーニング法として最も有名なものの一つにスタート&ストップ法があります。

普通にオナニーを行い、射精しそうになる寸前で性器に刺激を与えることを止めて我慢し、射精感が鎮まると再びオナニーを開始する、ということを繰り返すトレーニング法です。
射精しそうになると性器への刺激を止めることで呼吸を整えたりして脳の性的興奮をコントロールし、射精するタイミングを自由にコントロールすることが出来るようになることを目的にしています。
男性にとってはありふれた行為であるオナニー時に行えるトレーニング法であり、費用もかからないため理想的なトレーニング法だと言えるかもしれません。
ですが即効性があるトレーニング方法だとは言い難く、自由に射精をコントロールすることが出来るようになるためには長期間行い続ける必要があります。

もちろんこうしたトレーニングを行うことは大事ですが、恋人が出来た時にその効果が現れていなければ意味がありません。
そして早漏防止スプレーや分厚いコンドームで射精までの時間を稼ぐことが出来ても、それは一過性のものです。
その為トレーニングを続けながら、早漏を防止するための薬を服用することも検討してみてはいかがでしょうか。
世の中に出回っている薬は早漏を防止するために研究し尽くされたものばかりですので、助けてほしい時に助けてくれる存在になってくれるはずです。
これでトレーニングも続けていれば、早漏を克服することも夢では無くなるでしょう。

関連記事

おすすめ記事

  1. サプリメントの早漏への効果を知りたい
  2. 早漏改善が期待できる習慣を身に付ける

おすすめ記事

  1. 早漏でも楽しめる風俗のジャンルは?
  2. 早漏の人が避けるべき、セックスの時の体位
  3. サプリメントの早漏への効果を知りたい
ページ上部へ戻る